お肌のハリを徹底究明!明るく弾力のあるお肌に導きませんか

なぜ肌にはハリ・弾力が必要なの?

見た目年齢が上がってしまうため

シミやくすみなどと比べ、肌の弾力不足は、見た目年齢をあげてしまい
ます。女性の活躍の場が広がっている現代は、年齢に負けない肌が要求
される時代です。

表情が変わり、マイナスイメージが…

肌のハリがなくなると、表情まで変わってしまいます。

  • 眉間の距離が縮まり、険しい表情に見えてしまう。
  • 目周りのダメージによって疲れているように見える。
  • 頬のハリ・弾力が失われると不満顔の様に見えてしまう。

など、本当は素敵なのにもったいないことになってしまいます。

メイクでは隠すことが難しい

メイクでは、肌にハリがあるように見せたりすることは限界があります。
隠そうとコンシーラやファンデーションを重ねてしまうと、シワが余計
に目立ち、肌のツヤもなくなってしまうためメイクをすると余計に老け
て見えてしまいます。


voigeプレミアムケアシリーズ

ハリ・弾力が失われてしまうメカニズム

コラーゲン・ヒアルロン酸などの低下

皮膚は下記のように3層でできています。皮膚の表面が表皮、その下が真皮、一番下が皮下組織の
3層です。肌のハリに大切なのは、真ん中の真皮です。真皮には、コラーゲン線維やヒアルロン酸
など肌のハリに大切なものがたくさんあります。
これらが低下をしてしまうことで、表皮を支えきれなくなり、肌の弾力・ハリがなくなっていきます。

コラーゲン・ヒアルロン酸などの低下

「肌の弾力が失われる原因は筋肉のゆるみ」と、間違った知識が広まっています。しかし、ほとんどの
原因は、筋肉の縮み、または硬くなることでできていることが解っています。筋肉が縮むことで皮膚が
引っ張られたり、加齢により筋肉が硬くなるため、そのまま定着してしまいます。
そして、皮膚のコラーゲンなどが低下していると、縮んだ筋肉に引っ張られやすくなるため弾力が失わ
れてしまうというメカニズムになります。

ハリ・弾力が失われる原因|ハリ・弾力が失われる原因をご存知ですか?思いがけないことが、原因となっていますよ。

お肌の乾燥

肌が乾燥していると皮膚のバリア機能を低下させてしまい外的刺激(紫外線
や埃など)を強く受け、コラーゲン繊維にダメージを与えてしまいます。

寝癖や表情による癖

いつも同じ箇所の皮膚が折れる事で、シワが深くなっていきます。首のシワなど
は寝癖の影響も考えられます。

間違ったスキンケア

化粧品の成分によって炎症がおき、お肌に負担をかけてしまいます。そうする
とバリア機能を弱めてしまうので外的刺激から肌を守る力が弱まってしまいます。
また、バリア機能が低下していると、細胞を生まれ変わるペースを乱してしまいま
すので、健康な細胞が表面に出てこないため、弱いお肌になってしまうのです。

紫外線

紫外線はUV-A波とUV-B波があります。
UV-B波はほとんどが表皮(皮膚の表面)で止ま
りますが、UV-A波は、コラーゲンなどがある
真皮(皮膚の奥側)まで届くので皮膚のハリを保
っているコラーゲン線維にダメージを与えて
まいます。

ストレス

ストレスは活性酸素(身体のサビの原因)を増や
すので、肌の弾力は失われハリのない肌となっ
てしまいます。また、険しい表情をすることが
多くなるため、眉間付近の筋肉をよく使うこと
になり、眉間にシワができやすくなります。

タバコ・お酒

たばこは末梢血管の収縮(血管部分が狭くなる
こと)が起きてしまうので、血の巡りが悪くな
ります。すると、細胞に栄養が行き届かなくな
ってしまいます。結果、肌荒れや、クスミなど
様々な悪い症状につながります。また、コラー
ゲン生成を保持をするために大切なビタミンC
を多量に破壊するのでハリなど失う原因になる
のです。またお酒を、たくさん飲んでいると血
管の開閉が多くなります。血管にも多くある
コラーゲン繊維への負担がかかります。

食生活

タンパク質・脂質・糖質のバランスが悪いとい
けません。糖質を取りすぎると、コラーゲン線
維を作っているリジン(タンパク質)が糖と結
合し、コラーゲン線維が硬くなってしまいます。
コラーゲン線維が硬くなると肌の弾力がなくな
ります。 また高脂肪のものは、抗酸化物質(代
わりにサビ老化を防いでくれるくれるもの)をた
くさん必要としてしまうため、肌のハリが失わ
れます。


ハリ・弾力が失われないための予防策

自分で出来ることは、毎日潤いをしっかり保つこと、日常的に顔全体に良い刺激を与えて表情筋などを解しながら
血流やリンパの流れを良くして新陳代謝を促進させることです。
このときに重力の影響で表情筋や皮筋がたるんで下のほうに引っ張られて延びているので、できるだけ下から上へ
引き締めて引き上げる動作が望ましいのです。
今話題の顔面マッサージなどで下から上へ引き締めながら引き上げる動作で施術前、施術後で明らかな顔の形態変
化を目撃された経験があると思います。
顔の皮膚も強張ったり、血流が悪くなって血色やリンパの流れが滞るなど知らない間に様々な機能低下に陥ってい
ます。
お風呂上りの顔がふっくらとしていると感じたことがありませんか?
全身の血流が良くなることでお顔の血流やリンパの流れが改善されるからです。
このように顔の皮膚も身体の状態に相応します。
日常的に刺激を与えて、血流やリンパの流れを良くして新陳代謝を促進させる
ことで皮膚の弾力による張りを保つことができます。
皮膚は何もしなくても段々たるんできますので、引き締めて、引き上げる運動が
効果的です。
プレミアムシリーズには、エイジングケアに重要な肌のバリア機能、
さらには奇跡のリンゴから抽出した植物幹細胞が配合されています。
毎日のお手入れに使うだけで、お肌のハリ、弾力が失われないための
予防に効果的です。

この商品をチェックする